通気性の良いものを!大きめのローファーで臭いがなくなった?

私は小学生の時に水虫になりました。原因は不明ですが、その頃よく両親や兄弟に、足が臭いと言われていた事が記憶にあります。現在大学三年生で21歳ですが、水虫は一切ありません。

最近では一人暮らしを始めたため、靴下を二日連続で履くという事がたびたびあります。しかし、だからといって足のにおいが臭くなる、もっと言えば水虫が出来る事はありません。

むしろ毎日清潔な靴下を使っていたとき、小学生の時に私は自分の足の臭さについて考えさせられました。

クレヨンしんちゃんのアニメで父のヒロシは足が臭いという武器を用いて映画などで活躍したりします。よく、自分の本物の父に対して当時はそれをまねして靴下を父の鼻に近付けた事を覚えています。

水虫が気にならなくなったのは中学生になってからだと記憶しています。当時、陸上部に入部したので、汗を滝のように書いていました。

その時ふと暑かったので靴下を陸上部の大会の時に使うテントで干していると同じ学校の女子部員から、あんたの靴下くさいからしまってくれと言われてから、足のにおいについて真剣に対策をしなければならないと心に決めました。

なぜ臭いのかと考えてみた結果、インターネットなどで調べてみると蒸れていると臭いとかが、書かれていました。それらの対策の一環として十円玉を靴の中敷きの下に入れて生活をするとかをしてみましたがあまり劇的な効果は期待できなかったと記憶しています。

しかし、余り気にしなくなって高校生くらいになったときに、ふと足のにおいの話題になったときに友達が臭いと言われていました。その時、お前は無臭だなと友人たちから言われました。

心の中では足のにおいの話になったときにはらはらしていたのですが、何も対策をしなくても足のにおいが改善されていてびっくりしました。

ただ、思い返してみると、小学生の時には上履きをはだしで履いたり、中学生の時は陸上部で汗だくの靴且クッション性を重視するために、厚めの靴下をはいていたような記憶があります。

以上の事から私が足のにおい対策として掲げたいのは、通気性を良くするという事です。
高校生の足のにおいが気にならなくなった時は、少し大きめのローファーを履いていたので通気性が良かったのではないかと自己分析しています。

換気が大事です!!