嬉しい結果!毎日の工夫で臭い足から良い香りがする先生へ

私はもともと汗っかきで、足にかかわらず色々な臭いに気になっていました。しかし本格的に気になり始めたのは社会人になってからです。

社会人になり、職場で指摘されたことをきっかけに気になり始めました。私は子どもとかかわる仕事をしていて、子どもから指摘されたのです。

職場では畳の上に上がる時や、外に出る時などに靴を脱ぐ瞬間が一日のうちに何度もあります。そして子どもは、背の高さの影響で大人よりも地面に顔が近いです。

また、なんでも正直に言うのが子どもです。よって、私が靴を脱いだ瞬間に近くに子どもがいると、「足くさ~い!」などと言ってくるのです。

社会人になってから何度かそういうことがあり、とても恥ずかしい思いをしました。近くにいる大人に聞かれると尚恥ずかしかったのです。

それからは足の臭いを改善するために、まず、臭いを抑えるクリームをぬるようになりました。更に、臭いを抑えるスプレーを、足の裏用のモノと靴用のモノを購入し、スプレーするようになりました。

更に気を付けたのが、靴を脱いだりはいたりする回数をできる限り減らすことです。いくら臭いを抑えても、臭い時は臭いだろうと思ったので、臭いを発散させる動きを減らそうと考えたのです。

また、できる限り汗をかかないように、家を早めに出て時間に余裕をもつようにするなどの工夫もしました。これらの工夫をすることで、臭いを抑えることができるようになったようです。

なぜなら子どもから言われることがなくなったためです。寧ろ「いい匂い!」といわれることの方が多くなりました。

私はもともとシャンプーの影響か、髪の毛がいい匂いがするようなのです。今までは足の臭いの印象が子どもにも強かったようでそちらばかりでしたが、足の臭いが多少はおさまったおかげで髪の毛の匂いが目立つようになったようです。

足の臭いをおさえられただけではなく、いい匂いだと言われるようになって、とても嬉しく思っています。