40代になって足の臭いが再発!結果は水虫が原因でした!

正直、部活のロッカールームでは、足の臭い先輩のことを馬鹿にしていました。申し訳ないけれど、大学のコンパでは、おしゃれな女子のブーツから香るそのスメルをあわれんだこともありました。

しかし、20代半ばの頃、デスクワークの途中にこっそり足を触って、これまで他人事だった足の臭さが、自分の問題になったことに気が付きました。ショックでした。

そして、匂いが気になりはじめると、周りの誰かも気づかないかヒヤヒヤです。これまで馬鹿にしていた人たち、ゴメンなさいです。

それからは、特に夏になると対策が必要になりました。一日靴を脱がずにそのまま部屋に帰る日はまあ大丈夫です。しかし、客先で靴を脱がなければならないとき、夜の飲み会で靴を脱ぐときなどは、準備を怠ると恥ずかしい思いをすることになります。

私が実践した事は以下です。

①朝もシャワーを浴びて足をきちんと洗う。
②デスクワークのときは足が蒸れないようになるべく靴を脱ぐ。
③ビジネスシューズは空干ししたり常に清潔にしておく。
④確実に靴を脱ぐ場面がある日は予備の靴下を準備する。
⑤鞄には消臭スプレーを常備する。

以上が僕が長年とった対策です。ですが、いい加減なものです。臭うと対策する。しばらくすると忘れる。また、臭うと対策する。その繰り返しでした。

ところが、加齢臭が心配になってくる40代になって、なんとなく、初めて皮膚科に相談しました。認めたくなかったけれど薄々気づいていました。やはり水虫でした。

薬局の薬を試しに塗ったりすることはありましたが、いつも中途半端で終わっていたのでした。今回は徹底的に直そう。医者でもらった薬をまじめに塗っていたら、ほぼ数週間であっけなく水虫が直りました。

専門医からはにこやかに「卒業です!」と言われました。それなりにケアはしていたし、ひどい水虫ではなかったかもしれません。ですが、きちんと専門家に相談すると、こんなにすっきり解決するものかと思いました。

治療費は保険でたいしたことはありませんでした。ただし、皮膚科はどこも混んでいるところが多いですね。

通気性の良いものを!大きめのローファーで臭いがなくなった?

私は小学生の時に水虫になりました。原因は不明ですが、その頃よく両親や兄弟に、足が臭いと言われていた事が記憶にあります。現在大学三年生で21歳ですが、水虫は一切ありません。

最近では一人暮らしを始めたため、靴下を二日連続で履くという事がたびたびあります。しかし、だからといって足のにおいが臭くなる、もっと言えば水虫が出来る事はありません。

むしろ毎日清潔な靴下を使っていたとき、小学生の時に私は自分の足の臭さについて考えさせられました。

クレヨンしんちゃんのアニメで父のヒロシは足が臭いという武器を用いて映画などで活躍したりします。よく、自分の本物の父に対して当時はそれをまねして靴下を父の鼻に近付けた事を覚えています。

水虫が気にならなくなったのは中学生になってからだと記憶しています。当時、陸上部に入部したので、汗を滝のように書いていました。

その時ふと暑かったので靴下を陸上部の大会の時に使うテントで干していると同じ学校の女子部員から、あんたの靴下くさいからしまってくれと言われてから、足のにおいについて真剣に対策をしなければならないと心に決めました。

なぜ臭いのかと考えてみた結果、インターネットなどで調べてみると蒸れていると臭いとかが、書かれていました。それらの対策の一環として十円玉を靴の中敷きの下に入れて生活をするとかをしてみましたがあまり劇的な効果は期待できなかったと記憶しています。

しかし、余り気にしなくなって高校生くらいになったときに、ふと足のにおいの話題になったときに友達が臭いと言われていました。その時、お前は無臭だなと友人たちから言われました。

心の中では足のにおいの話になったときにはらはらしていたのですが、何も対策をしなくても足のにおいが改善されていてびっくりしました。

ただ、思い返してみると、小学生の時には上履きをはだしで履いたり、中学生の時は陸上部で汗だくの靴且クッション性を重視するために、厚めの靴下をはいていたような記憶があります。

以上の事から私が足のにおい対策として掲げたいのは、通気性を良くするという事です。
高校生の足のにおいが気にならなくなった時は、少し大きめのローファーを履いていたので通気性が良かったのではないかと自己分析しています。

換気が大事です!!

子供の足から納豆のような臭いが!習慣の改善で臭いが軽減!?

私には現在小学6年生になる息子がいます。昔から汗をかきやすい体質でしたし、足の臭いも多少はあったのですが、ここ1年ほどでその臭いがどんどんきつくなってきました。

いわゆる若者特有の不快な足の臭いというものです。息子自身も友人などから指摘されて、恥ずかしい思いをしたり、自分の足の臭いをかなり気にするようになっているようですし、これは対策を講じないと!と思ったのが3か月ほど前からです。

最初に見直したのが靴下の種類でした。それまでどちらかというと素材というよりもデザイン重視で選んでいた靴下を防臭効果の高いものや、メッシュなどで通気性の良いものを選ぶようにしました。

靴に関しても通気性の良い素材のシューズを新たにもう一足購入。今までは一足のみを毎日履き続けていましたが、一足だけで履き続けると足の臭いの原因にもなるといういうことで、毎日交替で履いて学校に行くように促し、履いていない靴は毎日ファブリーズで除菌してから日干ししています。

そして帰宅したらリビングに入る前に必ず足を洗う新習慣を徹底させています。

足の臭いはムレにより雑菌が繁殖することで起きるということですので、そんな汚い足で家の中を歩き回られたら家族といえどもお互い不快ですし、不衛生だと思ったからです。
息子も足を洗って綺麗にリセットしてから家でくつろぐ方が、よりゆったりリラックスできるようで、嫌がらず毎日帰宅すると習慣づけて実践しています。

また入浴の際には足の2度洗いをさせています。バスタブに浸かる前に一度軽く洗い、お風呂で体が温まったところで2回目に足の指の間などの細かい部分まで丁寧に洗うように!とボディーソープも防臭効果や除菌効果の高いものに変えて毎日丁寧に洗わせています。

これらの方法が功を奏し以前のような納豆のような不快な臭いが家ですることもなくなりました。

本人も自分の足の臭いが軽減したことに満足しています。ちょっとした性駆る習慣の改善で効果が出ると思うので多くの臭いの気になる方に実践してほしい方法です。

学生時代に足を徹底的にケア!私の足の臭い対策を紹介!

足の臭いが気になり始めたのは、中学生くらいの時からです。

学生の時は運動靴を履いて運動場を走り回り土臭い感じはほぼ全員にありましたが、自分の場合、靴下が水の中に入っていたのかというくらい汗でぬれていて、土などの臭いではなく、体臭に近い臭いで、靴を抜いて家に入ると母親が「靴下も脱いで」と注意するほどでした。

そして、靴下を抜いてすぐにお風呂場にいき、足を洗うという時期もありました。高校生になると靴がローファーになり、中学生の時の運動靴から更に通気性が悪くなり、足の臭いがひどくなり、年頃ということもあり、授業中に窓をあけて風が通ると、自分の足の臭いが教室に広まってしまわないかと不安になるほどでした。

やはり改善するには、足を清潔に保つしかないと思い、学生の時は、靴下をお昼休みに履き替えていました。

そして、ドラッグストアに行き、足専用のたわしのようなブラシ、足を洗う用の石鹸、足の取集スプレーを買い、毎晩体を洗った後にしっかりと足を特別に洗うようにしました。

そして、足の爪をのばしていると、爪と皮膚の間にわずかにたまる垢も臭いの原因となるので、爪を伸ばさないようにしました。そして、洗い終わると、いい香りがするクリームで肌を保湿し、とにかく足を労わるように努力しました。

そのような努力を高校生の間中続けた結果、大学生のころには、足を気にすること自体なくなっていました。

テレビで足の臭い対策などをしていると、そういえば自分も昔は足が臭かったなと懐かしむほど、まったく大学生のころからは気にせずに過ごしています。

高校生くらいまでは、体育など土に触れる機会や汗をかくことが日常的にあり、また、成長期でホルモンバランスなどが整っていなかったということもあり、様々な要因が足の臭いを引き起こしていたのだと思います。

臭いがあるところには菌が生息していると思うので、とにかく臭いを消すためのスプレーなどだけで取り繕わずに、しっかりと細かい部分まで洗って清潔に保つことをしなければ対処できないと思います。

飲み方での席で悪臭が!足クサ女と言われない為に実践した事!

足の臭いが気になり始めたのは徐々に気温が上がってきた6月頃のことでした。そのころの私は普段はスニーカーを履いておりましたが、それまではたいした臭いもありませんでした。

臭いが気になり始めたのは気温の上昇とともに、時折面倒くさがって素足でスニーカーを履きだしたことがきっかけかと思います。カジュアルな石田純一かい。それでもスニーカーを履いている時はまだ臭いませんでした。あの時までは・・・

ある日の飲み会、座敷へ座るためおもむろに靴を脱ぐ私。、むわぁ~ん!と目に染みるような激臭が!気づいた時には既に時遅し。おそらく、いや満場一致で同席した皆はこの臭いに気がついていて、しかし気づかない振りをしていくれていた天使達ばかりでした。

しかし、こころなしか生き別れの親のように会ったかの如くのよそよそしい態度、というか距離。参加者は2時間皆は地獄でしたでしょうが当の本人もわりと針のむしろ。いや、私が元凶なんですが。

後日陰で「足クサ女」と言われたらたまらないので(8割の確率で言われているでしょうが)、家に帰ってとりあえずスニーカーを熱湯消毒して天日干しにしました。うん、完璧。オールオッケー。

安心したのもつかの間、雨の日の翌日、スニーカーを脱ぐとまたあの悪臭が・・・!あかん友達を無くす・・・!

熱湯でだめなら凍らせてやろうじゃないか!と、台所のジップロック大を召喚し、スニーカーを突っ込んで冷凍庫へイン。食品を置く場所にジップロックごしとはいえ、臭いスニーカーを入れるなんてあまり気持ちいいものではないですが、

ばい菌は零下では生きられないでしょう。背に腹は代えられない。結果、スニーカーの臭いはなんと全滅、無臭になりました。まさかと思っていたことが功を奏した瞬間です。

それからは、必ず靴下を履くようにし、しかも五本指ソックスを愛用するようになると、またたく間に足の臭いもなくなりました。お出かけの時は、念のため制汗剤を足の指の股までかけておくと、もう貫壁にどこにだしても恥ずかしくない淑女のおみ足です。

皆さんもよろしければ参考にしてくださいね。